動画は Windows Media Player でご覧いただけます。▲ボタンを押せばスタートし■で停止します。

取材日:2006年1月2日
獅子舞 福田神社 ひょっとこ踊り

<無形民俗文化財情報>

<名称>福田神社囃子獅子舞(ふくだじんじゃはやしししまい)

<種別及び指定日> 大和市指定無形民俗文化財(指定日1969年1月10日)

<所有者・管理者>福田神社囃子獅子舞保存会

<問合せ先> 大和市教育委員会社会教育課 TEL 046-260-5225

出版物>調査中


<公開情報>

<公開日>毎年1月2日、午前9時30分頃より福田神社で舞を奉納(20分程度)⇒福田神社周辺の民家を門付けする。

      毎年1月3日、午前9時30分頃より福田神社周辺の民家を門付けする(2日に廻らなかった地区)。

<公開地>福田神社(神奈川県大和市福田8−8−21)及び周辺地区

<公開時間>午前9時30分頃より午後4時頃まで(終了時間は決まっていません)

<交 通>小田急江ノ島線桜ヶ丘駅下車、福田神社まで徒歩15分

<高 速>東名自動車道横浜ICより約50分

駐車場>福田神社横の公園に20台程度の臨時無料駐車場がある。

<食 事>桜ヶ丘駅周辺にはいろんな店がある

<温 泉>調査中

<宿 泊>調査中



福田神社囃子獅子舞の内容説明>

 
「福田神社囃子獅子舞」は、江戸時代末期(弘化年間)から伝承されている伊勢太神楽系統の伝統芸能である。

以前、大和市福田の境橋地区に祀られていた「日枝(ひえ)社}と山下地区の「子之(ねの)社」とが合祀され、社号を福田神社として勧

請された。 「福田神社囃子獅子舞」は、この「子之(ねの)社」の氏子社中に伝承されてきたもので、五穀豊穣、災厄除けの行事として

演じられ、160年ほどの歴史がある。

 構成は、「笛」「太鼓」「鉦」の囃子方(各1人)の「岡崎」等のお囃子にあわせて獅子(1人)が舞う。これに福田神社のお札を渡す介添

えが1人付く。合計5人が1つの組を作る。これらの三組が2日と3日の二日間で福田神社氏子宅(最近は氏子に限定していない)を門付

けしながら廻る。

近年、このような囃子獅子舞は見られなくなった。貴重な民俗遺産を後世に残すため、大和市は無形民俗文化財として指定し保護に

努めている。



<NIA取材記>

「福田神社囃子獅子舞」は、2006年1月2日と3日にビデオ撮影を行った。

話は前に戻るが、撮影の下調べの為に12月30日に福田神社に行った。この獅子舞の内容が全く分からない。開始時間さえもわか

らない。大和市報に載っても、大和市に住居がないものは、この文化財の存在さえも知りえないのが現状である。

だから、NIAの事業の意義がここにあるのだが。

福田神社は、戦後GHQのマッカーサーがコーンパイプをくわえて降り立った厚木飛行場の近くにある。

30段ほどの石段の上が本殿だ。とても小さい神社であった。道路の道幅も狭いし駐車も出来ない。仕方がないので神社横の急な坂

道を上って行った。すると、神社に併設された小さな公園があり、その中で軽トラから焚き火用の枝を下ろしている2人の男性を見つ

けた。

獅子舞の話を聞くために、私もこの公園の中に駐車させてもらって、この人たちにあれこれ質問をした。なんと偶然にも、年配の男性

は「福田神社囃子獅子舞保存会」の会長の山下さん(71歳)であった。

もう50年も獅子舞をやっていることなどの話を聞きくにつれ、その努力に敬服した。2日にお会いすることを約束して別れた。

2日はくもり空で今にも泣き出しそうな天気であった。

神社から少し離れた「山下自治会館」に皆が集合した。余談だが、保存会の会員は7歳から73歳までの25人で、「柳橋自治会館」で

毎週2回ほど練習を続けている。

一行は「福田神社」の社殿に向かって厳かに石段を昇る。前庭で、囃子方のお囃子が始まり、拝殿では獅子が舞う。毬とじゃれる、毛

繕いをする、居眠りから覚める、逆立ちをする・・・・「獅子の狂い」を舞う。囃子が「岡崎」に代り、三匹の獅子が舞う、中で「ひょっとこ」

に変わり、最後は獅子で締める。とても愛嬌があって面白い舞である。

奉納が済むとすぐに、獅子達は神社を後に三組に分かれて市中を門付けして廻る。

「舞いこんだ」の威勢のよい掛け声で玄関から獅子が入り座敷で舞う。私もその後を追っかけて撮影をする。外は寒く座敷は暖かい

のでビデオのレンズがくもって霞んで見える。舞うも大変なら撮影も大変だ・・・・・・・・・。「おめでとうございます」のご挨拶で獅子は外

ヘ出る。

そうこうするうちに、とうとう雨が降ってきた。カメラは雨に弱い。撮影は中止とした。

太鼓も雨に弱いらしく、革が濡れると叩いても音が出なくなるそうだ。

3日も撮影を行った。昨日と違って青天であった。青空の下で舞う獅子を撮影したかったからである。

「百聞は一見にしかず」。いくら言葉で説明しても意とするものは伝えにくい。「3分動画」をご覧下さい。

「福田神社囃子獅子舞保存会」の会長を始めとする皆様、大変お世話になりました。ご協力に感謝いたします。

                                                             理事長


お囃子連1 獅子は座敷まで入り舞う お囃子連2
無断転載を禁じます