新潟県の指定・選択無形民俗文化財総数(指定・選択の重複あり) 調査中
国指定重要無形民俗文化財 11件(資料更新日 2009年2月1日)
001

牛の角突きの習俗(風俗慣習)
新潟県古志郡の二十村郷と呼ばれる地域で古くから行なわれる動物競技の習俗で、『里見八犬伝』にも詳しくしるされている。牛の角突きは、八丈島・隠岐島・四国の宇和島・奄美諸島・沖繩にも分布するが、古い習俗をよく保って現存するものは、本州ではこの地域のみである。

5〜11月で8回 小千谷市
5〜11月で8回 山古志村
二十村郷では、五月から十一月にかけて、この地域の四か所の角突き場で競技が行なわれる
002 佐渡の車田植(風俗慣習)
車田植は田植じまいになされる慣わしであること、それが旧家の最も広い田でなされること、田植に際して畦で田植歌が歌われること、および稲刈り・乾燥・籾すりが他の田と区別してなされることなど、古い農耕習俗を示す典型例として極めて重要である
5月下旬
佐渡外海府の北鵜島
003 青海竹のからかい風俗慣習)
青海の竹のからかいは、現地における小正月行事の総称である。歳神の来臨を仰ぎ、その神前において豊作・豊漁の年占を行うとともに、火祭りを通じて新年の再生を願う等、民衆の抱く心意気が顕著に現われている。特に、アワセダケを引き合うことは、この地方だけの類稀なことで、年齢に応じた行事の役割分担のあり方などと相まって、我が国民の生活文化の特色を示す正月行事の典型例として重要である
1月15日
新潟県糸魚川市青海
004 山北のボタモチ祭り(風俗慣習)
家ごとの行事と念仏堂での行事に分かれる。夕方六時ころになると、ワカゼの組頭や小頭がやってきて、念仏堂の正面に「石動神社」、両脇に「石動五社大権現」「十三仏」の掛け軸をかけて準備をする。ワカゼが大方そろうと若手が豆腐汁を作り始め、これができあがるとボタモチ祭りの行事が始まる。若手がスリコギ作りを始める。スリコギは念仏堂の近くにある榎の枝で作り、祭壇に供えた後、小頭と若手数人がこれを持ってトウヤの家に行き御飯をついてボタモチを作る。新婚のワカゼや、特にめでたいことがあったワカゼに対しては、他のワカゼにくらべてより多くのボタモチを盛り、多く食べるよう責め立てる。腹一杯で食べられないというと、両脇から押さえつけて腹を出させ、火のついたスリコギを腹に近づけてむりやり腹をへこませ、まだ食べられると強要する。ボタモチを食べ終わると、山形県温海町鼠ヶ関原海の長治郎家へお祝いのボタモチを届けに行く
◎12月2日
中浜、杉平(岩船郡山北町中浜,岩船郡山北町杉平)
場所も鎮守である吉野神社ではなく念仏堂に変わった。念仏堂での行事は夕方の六時ころから夜十二時ころまで行われる。
◎1月12日
岩石(岩船郡山北町岩石


中浜、杉平では十二月二日に、岩石では一月十二日にボタモチ祭りが行われている。
005 大の阪(民俗芸能)
踊り子の扮装は、浴衣に草履履きが基本であるが、特に厳格な決まりはなく自由な服装での参加が認められている。踊りの足の運びや手振りは、太鼓の七拍に合わせて踊る素朴なもので、昔はハスの葉を頭に乗せて踊ったといわれるほど緩やかな動きで、華やかさはないものの古風を感じさせて優美である。
 以上のように大の阪は、伝統的な祖先供養の盆踊の要素を伝えるものとして貴重であり、また地域的特色も顕著である。
8月14〜16日 盆踊り 八幡宮境内
新潟県北魚沼郡堀之内町に伝わる盆踊
毎年八月十四日から十六日の三日間、八幡宮境内に櫓を建て、その周りで踊られる。
006 根知山寺の延年(民俗芸能)
露払いのくるいの舞に始まり、小歌踊(おててこ舞)の露の踊、扇踊、若衆踊などの六番、稚児舞楽として鏡の舞、花の舞、鉾の舞など四番、それに神楽舞の種蒔き、しめの舞、万歳、獅子舞の順で進行する。このように種々の芸能要素を競演させている姿は芸能史的評価を高めている。
8月31日〜9月1日
日吉神社(糸魚川市大字山寺)の秋祭り
007 綾子舞(民俗芸能)
踊り、囃子舞、狂言の三種に分かれ、踊りには「小原木踊」「堺踊」「常陸踊」「こきりこ踊」など、囃子舞には「恵比寿舞」「大黒舞」「亀の舞」など、狂言には「海老すくい」「三条小鍛冶」「朝比奈」など三十余曲がある。
9月15日
黒姫神社(柏崎市女谷)の祭礼(九月十五日)に演じられる
008 佐渡の人形芝居
(文弥人形,説経人形,のろま人形)

(民俗芸能)
佐渡地方に伝わる説経、のろま、文弥人形の芝居で、それぞれ浄瑠璃、人形操作、人形首に特色があるもので、人形芝居の変遷の過程を知る上で貴重なものである。
4月〜11月毎日上演(1日4回)
両津市,佐渡郡
009 弥彦神社燈篭おしと舞楽(民俗芸能)
灯籠おしは風流の一様式を示すものであるとともに、舞楽は中央のものの地域化、民俗化したもの、また当地独特のものなど芸能の地方的特色をよく示している。
7月24〜26日 弥彦灯籠祭り
弥彦神社では灯籠神事が七月二十五日に執行される。同日夜、神輿を中心とした渡御の行列に大灯籠・小灯籠が氏子やその他の人々により奉納・供奉される。
010 糸魚川・能生の舞楽(民俗芸能)
平安朝に日本的完成を見た雅楽(舞楽を含む)は、その後地方の社寺を通じて各地に伝えられ、地域の民俗に密着して今日中央のそれとは趣きを異にした。それら今日まで伝承されているのは数えるほどしかないが、この地のものは可憐な稚児による諸曲が多く、芸能の変遷を示す芸能史資料としても貴重である。
◎4月10〜11日 天津神社けんか祭り
市内一の宮の天津神社・奴奈川神社の四月の祭礼に境内の石舞台で演じられる

◎4月24日 白山神社春の大祭
能生でも町内白山神社の四月の祭礼に、境内の池の中央に舞台を特設して演じられる
011 小木のたらい舟製作技術(民俗技術)
たらい舟は、かつて全国に点々とみられ、近海での漁や海藻採取、湖沼でのジュンサイ採取などで使用されていたことが知られているが、今日実際に使用され、かつ漁師の注文に応じて製作する職人がいるのは小木半島とその周辺地域のみとなっている。
佐渡市の小木半島とその周辺地域
国選択無形民俗文化財 15件 (資料更新日 2009年2月1日)
001 白山神社の田遊び神事(民俗芸能) 1月3日
佐渡郡畑野町大字大久保
002 五所神社の御田植神事(民俗芸能)
苗取り式、朝飯の式、田打ちの式、大足の式、田植の式、夕飯の式の順で進行する。これに奉仕するものは宮方と称する人達で、「大足引き」と称するもの一人と、「代人」六人の合計七人である。宮方の七人は麻裃を着用して、神前に向かって左側に「大足引き」を筆頭に着座して御田植神事をつとめる。
2月6日
五所神社(佐渡郡赤泊村大字下川茂
)の御田植神事 
二月六日、五所神社の社殿で演じられる
003 綾子舞(民俗芸能)
踊り、囃子舞、狂言の三種に分かれ、踊りには「小原木踊」「堺踊」「常陸踊」「こきりこ踊」など、囃子舞には「恵比寿舞」「大黒舞」「亀の舞」など、狂言には「海老すくい」「三条小鍛冶」「朝比奈」など三十余曲がある。
9月15日
黒姫神社(柏崎市女谷)の祭礼(九月十五日)に演じられ
004 佐渡の人形芝居(民俗芸能)
佐渡地方に伝わる説経、のろま、文弥人形の芝居で、それぞれ浄瑠璃、人形操作、人形首に特色があるもので、人形芝居の変遷の過程を知る上で貴重なものである。
4月〜11月毎日上演(1日4回)
両津市,佐渡郡
005 弥彦神社の舞楽(民俗芸能)
芸能は大別すると、神歌楽と天犬舞、太々神楽、小神楽となり、これらを総括して今は舞楽と呼称している。このうち特に神歌楽と天犬舞は、燈籠神事だけに奉奏され、九才前後の稚児が勤めることになっている。これらの芸態には舞楽の地方民間化の過程を暗示するものがあり、芸能史的に貴重なものである。
新潟県西蒲原郡弥彦村に伝承されるものである
弥彦神社の大祭、小祭などの特殊神事(神幸神事・妻戸大神例祭・燈籠神事など)のおり(四日十八日その他)に演じられる
006 根知山寺の延年(民俗芸能)
露払いのくるいの舞に始まり、小歌踊(おててこ舞)の露の踊、扇踊、若衆踊などの六番、稚児舞楽として鏡の舞、花の舞、鉾の舞など四番、それに神楽舞の種蒔き、しめの舞、万歳、獅子舞の順で進行する。このように種々の芸能要素を競演させている姿は芸能史的評価を高めている。
8月31日〜9月1日
日吉神社(糸魚川市大字山寺)の秋祭り
007 大の阪(民俗芸能)
踊り子の扮装は、浴衣に草履履きが基本であるが、特に厳格な決まりはなく自由な服装での参加が認められている。踊りの足の運びや手振りは、太鼓の七拍に合わせて踊る素朴なもので、昔はハスの葉を頭に乗せて踊ったといわれるほど緩やかな動きで、華やかさはないものの古風を感じさせて優美である。
 以上のように大の阪は、伝統的な祖先供養の盆踊の要素を伝えるものとして貴重であり、また地域的特色も顕著である。
8月14〜16日 盆踊り 八幡宮境内
新潟県北魚沼郡堀之内町に伝わる盆踊
毎年八月十四日から十六日の三日間、八幡宮境内に櫓を建て、その周りで踊られる。
008 天津神社舞楽(民俗芸能)
平安期に日本的完成をみた雅楽は、その後地方の社寺を通じて各地に伝えられたが、北陸地方には稚児舞楽として伝承されてきているものが多く、この舞楽もその系列に属するものである。演技、演奏法に中央の神楽とは違ったものがみられ。芸能史的に貴重である。
新潟県糸魚川市一の宮の天津神社・奴奈川神社の祭礼である四月十日・十一日に演じられる舞楽である。
境内の石舞台でこの舞楽がある。
009 山北のボタモチ祭り(風俗慣習)
家ごとの行事と念仏堂での行事に分かれる。夕方六時ころになると、ワカゼの組頭や小頭がやってきて、念仏堂の正面に「石動神社」、両脇に「石動五社大権現」「十三仏」の掛け軸をかけて準備をする。ワカゼが大方そろうと若手が豆腐汁を作り始め、これができあがるとボタモチ祭りの行事が始まる。若手がスリコギ作りを始める。スリコギは念仏堂の近くにある榎の枝で作り、祭壇に供えた後、小頭と若手数人がこれを持ってトウヤの家に行き御飯をついてボタモチを作る。新婚のワカゼや、特にめでたいことがあったワカゼに対しては、他のワカゼにくらべてより多くのボタモチを盛り、多く食べるよう責め立てる。腹一杯で食べられないというと、両脇から押さえつけて腹を出させ、火のついたスリコギを腹に近づけてむりやり腹をへこませ、まだ食べられると強要する。ボタモチを食べ終わると、山形県温海町鼠ヶ関原海の長治郎家へお祝いのボタモチを届けに行く
◎12月2日
中浜、杉平(岩船郡山北町中浜,岩船郡山北町杉平)
場所も鎮守である吉野神社ではなく念仏堂に変わった。念仏堂での行事は夕方の六時ころから夜十二時ころまで行われる。
◎1月12日
岩石(岩船郡山北町岩石


中浜、杉平では十二月二日に、岩石では一月十二日にボタモチ祭りが行われている。
010 白山神社の舞楽(民俗芸能)
伝承曲目は次の11曲である。「振鉾」(稚児2人)、「候礼」(稚児4人)、「童羅利」(稚児1人)、「地久」(稚児4人)、「能抜頭」(大人1人)、「泰平楽」(稚児4人)、 「納蘇利」(大人2人)、「弓法楽」(稚児4人)、「児抜頭」(稚児1人)、「輪歌」(稚児4人)、「陵王」(大人1人)。北陸から東北へかけて、中世に中央から伝播した舞楽が地方化を深めて伝承されたものの一つである。
4月24日
能生白山神社(新潟県西頸城郡能生町大字能生)の祭礼に奉納される舞楽で、別名を「稚児舞」ともいう
011 大須戸能(民俗芸能)
大須戸能は、大須戸地区の住民により伝承された能狂言で、山形県東田川郡櫛引町黒川の黒川能の系統を引くものであり、使用される装束は、近年専門店から購入したもののほか、晴れ着や帯地などを利用して手作りしたものもあり、地域の人びとの能に対する工夫を偲ばせる。民俗芸能の伝播の姿を示し、芸能の変遷の過程を知るうえで重要である。
◎4月3日
八坂神社(岩船郡朝日村大字大須戸)の春祭
能3番狂言1番が 大須戸能舞台で公開される
◎8月15日
朝日村みどりの里・日本庭園仮設舞台

薪能で能1番狂言1番が公開される
012 ドブネの製作工程風俗慣習)
013 越後のしな布紡織習俗(風俗慣習)
014 越後・佐渡のいらくさ紡織習俗(風俗慣習)
015 浦佐毘沙門堂の裸押合の習俗(風俗慣習)
裸押合の終わるころ、青年団の人馬にまたがった年男の行列が入堂し、最後の撒与が行われる。この撒与がすむとササラスリの儀が行われ、本尊を向いた年男に向かい合って三、四人の音頭取が立ち、音頭歌を歌い出す。年男はそれに合わせてササラをすり始め、これを取り巻くように裸押合の参加者が二重、三重の輪になって、足踏みしながら左回りに回っていく。ササラスリが終わると年男の胴上げが行われ、終わると年男がササラを本尊厨子の中に納めて行事が終わる。
新潟県南魚沼郡大和町浦佐にある真言宗普光寺毘沙門堂の、毎年三月三日の祭礼に行われる行事
県指定無形民俗文化財 12件
001 花笠踊り 9月15日 久知八幡宮祭礼 八幡宮境内
002 三条神楽 八幡宮、神明宮、諏訪神社、白山神社、中山神社子布施神社の春秋の祭礼で
003 羽黒神社のやぶさめ 6月15日 羽黒神社例大祭 両津市馬場・羽黒神社施所前市道
004 大須戸能
005 大前神社の式三番 8月14日 大前神社例大祭 神社境内仮設舞台
006 王神祭 11月5日
007 下中野御神楽舞
008 佐渡の大神楽舞楽 6月15日 羽茂まつり
009 白山神社の田遊神事
010 村上まつりのしゃぎり行事 7月6〜7日 村上大祭・羽黒神社例大祭 村上旧市内全域
011 岩船まつりのこやぎり曵行ととも山行事 毎年10月18〜19日 岩船神社祭礼 岩船町全域
012 佐渡鷺流狂言 4月28日 佐渡大川善 真野
県選択無形民俗文化財 10件
001 佐渡の小獅子 舞 動画
002 越後の風流獅子踊り 動画
003 臭水・石油関係資 料 動画
004 越後・佐渡の三斎市・六斎市 動画
005 越後の杜氏と酒男 動画
006 新潟県の昔話伝承者 動画
007 越佐の小正月行事 動画
008 新潟県の作神信仰 動画
009 新潟県の若者組 動画
010 佐渡の卯の日祭り 動画
市指定無形民俗文化財 59件
001 下須頃獅子舞 三条市 動画
002 木場神楽 三条市 動画
003 先供(奴)祭囃子 三条市 動画
004 おいな 柏崎市 動画
005 屋台人形巫子爺 小千谷市 動画
006 豊年獅子舞 小千谷市 動画
007 大の釈迦踊 小千谷市 動画
008 加茂に伝わる後面 加茂市 動画
009 赤倉神楽 十日町市 動画
010 大の坂 十日町市 動画
011 新保広大寺節 十日町市 動画
012 新水のドウラクジンとハネケェーシ 十日町市 動画
013 水沢の石場かち 十日町市 動画
014 小栗山の獅子舞 見附市 動画
015 岩戸舞 栃尾市 動画
016 栃堀神楽舞 栃尾市 動画
017 荷頃神楽舞 栃尾市 動画
018 昔話伝承技術 栃尾市 動画
019 菅畑神楽舞 栃尾市 動画
020 赤玉神社神事 佐渡市 動画
021 久知八幡宮祭礼神事 佐渡市 動画
022 ドウ押し 佐渡市 動画
023 大幡神社祭礼行事 佐渡市 動画
024 善知鳥神社祭礼行事 佐渡市 動画
025 北野神社祭礼行事 佐渡市 動画
026 御礼智神社祭礼行事 佐渡市 動画
027 熊野神社祭礼行事 佐渡市 動画
028 消防はしご乗り 佐渡市 動画
029 田起し踊り 佐渡市 動画
030 小獅子舞 佐渡市 動画
031 小比叡神社田遊び神事 佐渡市 動画
032 孤逢遠州流生花 佐渡市 動画
033 金北山神社例祭神事 佐渡市 動画
034 西横山の小正月行事 上越市 動画
035 八社五社 上越市 動画
036 米大舟 上越市 動画
037 春駒 上越市 動画
038 獅子天狗舞 上越市 動画
039 田伏まだら 糸魚川市 動画
040 新町翁舞式 糸魚川市 動画
041 かめかち唄 新井市 動画
042 春駒 新井市 動画
043 棒踊り 新潟市 動画
044 職人町獅子舞 新発田市 動画
045 小戸下組獅子踊り 新津市 動画
046 鍛冶町御囃子 村上市 動画
047 燕の神楽 戸隠神社御神楽 燕市 動画
048 小池諏訪神社太太神楽 燕市 動画
049 小池諏訪神社獅子神楽 燕市 動画
050 帛の帯 五泉市 動画
051 白根大凧合戦 白根市 動画
052 内沼獅子舞 豊栄市 動画
053 内島見の神楽 豊栄市 動画
054 高森の神楽 豊栄市 動画
055 他門の神楽 豊栄市 動画
056 嘉山の神楽 豊栄市 動画
057 葛塚盆踊 豊栄市 動画
058 正尺の神楽 豊栄市 動画
059 長場の神楽 豊栄市 動画
市選択無形民俗文化財 0件
郡指定無形民俗文化財 82件
001 湯川五社神社神楽 南蒲原郡田上町 動画
002 悪魔払いほか 南蒲原郡中之島町池之島 動画
003 稚児舞ほか 南蒲原郡中之島町中野東 動画
004 伊勢音頭ほか 南蒲原郡中之島町末宝 動画
005 五色軍談 南蒲原郡中之島町西高山 動画
006 神楽舞ほか 南蒲原郡中之島町灰島新田 動画
007 中之島諏訪神社燈籠神事 南蒲原郡中之島町中之島 動画
008 中条日枝神社春秋祭礼御神輿巡行神事 南蒲原郡中之島町中条 動画
009 菅沼神楽 三島郡越路町菅沼 動画
010 飯塚巫子爺と若衆の手踊り 三島郡越路町飯塚 動画
011 不動沢巫子爺 三島郡越路町不動沢 動画
012 吉津神楽 三島郡与板町吉津 動画
013 弓踊り 三島郡和島村島崎 動画
014 出雲崎おけさ 三島郡出雲崎町羽黒町鳴滝町 動画
015 お船歌 三島郡出雲崎町羽黒町鳴滝町 動画
016 小木城跡 島郡出雲崎町相田 動画
017 塩たき節 動画
018 「萬歳の若水」 動画
019 「越後追分」 動画
020 小高棒踊 北魚沼郡川口町田麦山小高 動画
021 和南津花笠甚句 北魚沼郡川口町和南津 動画
022 屋台ばやし 北魚沼郡堀之内町堀之内 動画
023 滝之又神楽 北魚沼郡広神村滝之又 動画
024 田中舞楽 北魚沼郡広神村田中 動画
025 神楽 北魚沼郡守門村細野 動画
026 広大寺 動画
027 松づくし 北魚沼郡守門村大倉沢 動画
028 神楽 北魚沼郡入広瀬村横根 動画
029 畔地代々神楽 南魚沼郡六日町畔地 動画
030 藤村流歌舞伎踊 南魚沼郡六日町五十沢 動画
031 五十沢歌舞伎 南魚沼郡六日町小川 動画
032 大前神社の式三番 南魚沼郡大和町大崎 動画
033 若宮八幡神楽 南魚沼郡大和町一村尾 動画
034 毘沙門堂、裸押合い祭 南魚沼郡大和町浦佐 動画
035 千手露香 中魚沼郡川西町千首 動画
036 神楽獅子舞ほか 中魚沼郡川西町野口 動画
037 田代神楽 中魚沼郡中里村田代 動画
038 しげさ 刈羽郡高柳町門出地区 動画
039 石井神社の大和舞 刈羽郡西山町石地 動画
040 物部神社の太夫舞 刈羽郡西山町ニ田 動画
041 神楽舞 東頸城郡松代町室野 動画
042 神楽舞 東頸城郡松代町苧島 動画
043 裸太鼓 東頸城郡松代町犬普伏 動画
044 上川手歌舞伎 東頸城郡松之山町大字観音寺224 動画
045 切光神楽(獅子と天狗の舞) 東頸城郡牧村切光 動画
046 十三夜 中頸城郡吉川町西野島 動画
047 春駒 中頸城郡妙高高原町杉野沢 動画
048 岡沢春駒民謡保存会 中頸城郡中郷村岡沢 動画
049 関田神楽(獅子舞、天狗舞) 中頸城郡板倉町上関田 動画
050 関田こうだいじ 中頸城郡板倉町上関田 動画
051 しげさ踊り 中頸城郡板倉町高野 動画
052 春駒 中頸城郡三和村岡田 動画
053 井ノ口古代詞 中頸城郡三和村井ノ口 動画
054 祇園祭 西頸城郡名立町名立大町 動画
055 獅子舞 西頸城郡名立町森 動画
056 獅子舞 西頸城郡名立町折戸・平谷 動画
057 川詰の神楽と踊り 西頸城郡能生町川詰 動画
058 蓮潟神楽 北蒲原郡聖籠町蓮潟 動画
059 坂井の獅子舞 北蒲原郡黒川村坂井 動画
060 鍬江の神楽舞 北蒲原郡黒川村鍬江 動画
061 蒲原神楽 中蒲原郡村松町下大蒲原 動画
062 和納三社神社祭礼行事 西蒲原郡岩室村和納 動画
063 矢作奉納里神楽舞 西蒲原郡弥彦村矢作 動画
064 地蔵堂屋台ばやし 西蒲原郡分水町地蔵堂 動画
065 竹野町神楽舞 西蒲原郡巻町竹野町 動画
066 巻神楽舞 西蒲原郡巻町10句 動画
067 稲島神楽舞 西蒲原郡巻町稲島 動画
068 松山神楽舞 西蒲原郡巻町松山 動画
069 松野尾神楽舞 西蒲原郡巻町松野尾 動画
070 河井神楽舞 西蒲原郡巻町河井 動画
071 布目神楽舞 西蒲原郡巻町布目 動画
072 潟頭神楽舞 西蒲原郡巻町潟頭 動画
073 赤鏥神楽舞 西蒲原郡巻町赤鏥 動画
074 国見神楽舞 西蒲原郡潟東村国見 動画
075 大牧の鐘馗まつり 東蒲原郡津川町清川 動画
076 石戸獅子舞 東蒲原郡三川村上戸谷渡 動画
077 大石神楽 岩船郡関川村大石 動画
078 上土沢神楽 岩船郡関川村土沢 動画
079 府屋獅子舞 岩船郡山北町府屋 動画
080 築地の獅子舞 北蒲原郡中条町築地 動画
081 布目神楽舞 西蒲原郡巻町布目 動画
082 大場沢獅子舞 岩船郡朝日村大場沢 動画
郡選択無形民俗文化財 0件
無断転載を禁じます