静岡県の指定・選択無形民俗文化財総数(指定・選択の重複あり) 調査中
国指定重要無形民俗文化財 8件 (資料更新日 2009年2月6日)
001 西浦の田楽(民俗芸能)
地能における「高足」などの田楽芸や、「田打」「種蒔」「よなぞう」などの田遊びなどを多くもっている点、また一曲の後にその曲を復演するもどきという演出法を多く演じる点など、芸能史的に重要な価値がある
旧一月十八日、十九日
所能山観音堂(磐田郡水窪町西浦)の庭に設けられた楽堂前で夜を徹して演じられる
002 藤守の田遊び(民俗芸能)
「長刀」「振取」「御獅子」「鍬入」など田に関する曲目など二十五番と番外に「天狗」「鯛釣」の二番がある。
芸能奉仕直前に、内的式、外的式と呼ぶ神人饗宴の作法を残している。
大井八幡宮(志太郡大井川町字藤守)の祭り
八幡宮の前庭に仮設された舞台で演じられる
003 遠江森町の舞楽(民俗芸能)
舞楽が地方に伝播し、民俗化して定着したもので、小国神社、天宮神社の舞楽は奈良春日神社系の舞楽が地方化したものであり、山名神社のそれは舞楽の風流化したものの典型例であって、これらは舞楽の変遷を知るうえで貴重である。
小国神社(周智郡森町一宮)の古式舞楽
山名神社(周智郡森町飯田)の天王祭舞楽
天宮神社(周智郡森町天宮)
十二段舞楽
004 徳山の盆踊(民俗芸能)
小歌踊と狂言を交互に演じるという特色をもち、この形態は、古歌舞伎踊の初期の仕組みを伝承するものであり、これに動物仮装の風流が添えられているなど地方的特色にも富んでおり極めて重要である。
八月十五日夜
頭屋で清めのひと踊りをした後、一同は行列を仕立てて徳山浅間神社に向かい、境内に設営してある二間四方の舞堂で芸能を演ずる。
榛原郡中川根町徳山
005 遠江のひよんどりとおくない(民俗芸能)
三日堂(引佐郡引佐町渋川寺野)
引佐郡引佐町川名
天竜市懐山
006 有東木の盆踊(民俗芸能)
男性が受け持つ踊りと女性が受け持つ踊りが区別されていて、それぞれ太鼓を伴奏に、踊り手自身も歌いながら踊る。その踊りは、扇やコキリコ、ササラ、木製の小さな長刀を持つものがあり、また踊りの輪の中に、飾り灯籠を頭上にかざした踊り手が繰り込んで踊ることがあるなど、多様な内容をもっている。
八月十四日と十五日の両日
夕方六時三〇分ころから
地域内の東雲寺の境内
007 大江八幡神社の御船行事(風俗慣習)
わが国の各地には神幸行事に際して、神霊の乗り物または風流の作り物として実物の船や模型の船、船型の山車などを曳き回す行事が数多く見られる。
静岡県榛原郡の相良町・榛原町には、御船唄に合わせて精巧な模型船を操り、柱起こしや帆上げなどの操船儀礼を行うとともに、神幸行列の先頭を務め練りを行うなど特色ある船行事が伝承されている。
毎年八月十五日
大江八幡神社(相良町大江)

008 見付天神裸祭(風俗慣習)
大祭当日は、神社で午前中に祭典が行われる。午後六時ころになると各町から子どもネリ(練り)が出発し、天神社に参拝して、神社を時計回りに一周した後、淡海国玉神社に行き、参拝してから各町内に戻る。子どもたちが戻った後、大人たちのネリが各町内を出発する。ネリに参加する男は、大人も子どもも上半身裸に腰蓑姿で、町内を群行乱舞する。
旧暦八月十日直前の土・日曜日に行われるが、行事は大祭六日前のミシバオロシから始まる。
矢奈比売神社の大祭が、見付天神裸祭である。
国選択無形民俗文化財 23件 (資料更新日 2009年2月6日)
001 伊豆・駿河の水祝い(風俗慣習)
下多賀と江浦に現存する水祝い行事は、従来の若者組の年頭行事の一環としてなされてきた古風をよく残し、行事次第・資格審査・同伴者の有無・時刻など細部においては相違があるものの、氏神の境内で音頭取りの歌にあわせて輪踊りをした後、その場に出頭した初婿に対して予め用意しておいた樽の水を笹にふくませ、あびせかけて祝う点では共通している。
熱海市下多賀,沼津市江浦
002 沼田の湯立神楽(民俗芸能)
003 西浦の田楽(民俗芸能)
地能における「高足」などの田楽芸や、「田打」「種蒔」「よなぞう」などの田遊びなどを多くもっている点、また一曲の後にその曲を復演するもどきという演出法を多く演じる点など、芸能史的に重要な価値を有している。
旧一月十八日、十九日
所能山観音堂(磐田郡水窪町西浦)の庭に設けられた楽堂前で夜を徹して演じられる
004 藤守の田遊び(民俗芸能)
「長刀」「振取」「御獅子」「鍬入」など田に関する曲目など二十五番と番外に「天狗」「鯛釣」の二番がある。
芸能奉仕直前に、内的式、外的式と呼ぶ神人饗宴の作法を残している。
大井八幡宮(志太郡大井川町字藤守)の祭り
八幡宮の前庭に仮設された舞台で演じられる
005 徳山の盆踊(民俗芸能)
徳山の盆踊は、小歌踊と狂言を交互に演じるという特色をもち、この形態は、古歌舞伎踊の初期の仕組みを伝承するものであり、これに動物仮装の風流が添えられているなど地方的特色にも富んでおり極めて重要である。
八月十五日夜、頭屋で清めのひと踊りをした後、一同は行列を仕立てて徳山浅間神社(榛原郡中川根町徳山)に向かい、境内に設営してある二間四方の舞堂で芸能を演ずる。
006 寺野の三日堂ひよんどり(民俗芸能)
芸能は、まず神下しにはじまり、御神楽と万歳楽・三ッ舞・片剣舞ともどきなど十三番の曲で進行し、舞は正面二回の五方に舞うことを基本とする。もとは万歳・松影・田農などふくめて計二十番が徹宵して行なわれたという。 また現行曲のなかに復演出のもどき芸のふくまれている点などは、中世芸能史の資料として貴重なものである。
一月三日
寺野観音堂(静岡県引佐郡引佐町渋川寺野)の祭のおりに演じられる
007 山名神社天王祭舞楽(民俗芸能)
各地の社寺に伝承されている稚児を主体とした舞楽の一つであるが、風流が舞楽化している点に他には例を見ない特徴がある。
七月十四、十五日に最も近い土曜、日曜日
山名神社(静岡県周智郡森町飯田)の祭典のおり、境内の舞殿で奉納される。
008 小国神社の舞楽(民俗芸能)
悪魔祓い、五穀豊穣の「獅子舞」が曲に加えられていたり、「抜頭舞」の終りに舞い手を追い込む者たちが登場するなどの演出があったりして、この地独特の芸態を有しているところに特色がある。 地方に流伝していった舞楽が、東海地方のこの地方に定着し、稚児による舞楽を加味するとともに、中央の舞楽とは違った演技、演奏法を残しているのが貴重である。
四月十七、十八日の両日
小国神社(静岡県周智郡森町一宮)の境内にある舞殿
009 天宮神社の十二段舞楽(民俗芸能)
曲目は、延鉾(稚児二人)、色香(大人二人)、庭胡蝶(稚児四人)、鳥の舞(稚児四人)、太平楽(中男四人)、新靺鞨(稚児四人)、安摩(大人一人)、二の舞(大人二人)、抜頭(稚児一人)、蘭陵王(大人一人)、納蘇利(大人一人)、獅子伏(大人三人)の十二曲。
四月の第一土曜から日曜日
天宮神社(周智郡森町天宮)の拝殿前にある舞楽殿が舞台となる。
010 滝沢八坂神社の田遊び(民俗芸能) 藤枝市滝沢
011 焼津神社の獅子木遣りと神ころがし(風俗慣習)
獅子木遣りは、雌雄の獅子頭を青年が奉持し、長いホロ(胴)を手古舞姿の大勢の少女が持ち、その行進に合わせながら木遣り歌を歌う。神ころがしは、誕生の年にあたる子供を持ちあげて三度横転させる行事である。泣き声が高いほど丈夫に育つといわれるが氏子入りの儀礼とみられるものである。
獅子木遣りは、焼津神社の夏祭である荒祭の折に行なわれる民俗行事である
神ころがしは、八月十二日の朝の幟かつぎ行事の中で行なわれる
012 有東木・平野の盆踊(民俗芸能)
踊は長刀を持って踊る「長刀踊」と「殿方踊」「姫方踊」に分かれ、殿方踊には「十ざさら」「かぶき踊」「世の中踊」等があり、姫方踊には「ささら」「ひざたたきかぶき」「くるまおおぎ」等がある。
 この盆踊は両者に歌・踊りに共通点が見られ、いずれも盆踊の地方的特色を示す民俗芸能である。
静岡市有東木では東雲寺の境内で踊られる
静岡市平野では少林寺の境内で踊られる
013 新居のこと八日行事(風俗慣習)
我が国には、二月八日や十二月八日に荒忌をなして厄病神などを送る行事が広く分布していたが、近時消滅した事例が少なくない。村人にふりかかる炎厄を人形に託して送ろうとする意識が強いこと八日行事として重要である
二月八日と十二月八日の毎年2回
恵比須神社(大倉戸)で祭事のあと各家の戸口に立てかけてある笹竹をとり集め、それを用いて勢よく人形を叩き、村境まで送り出す。
014 懐山のおくない(民俗芸能)
この芸能は「おこない祭り」ともよばれ、愛知・長野・静岡の各県境の山間では春祈祷としてのオコナイが、それぞれの土地の観音堂・阿弥陀堂などのお堂でおこなわれ、田遊び・猿楽・田楽などの中世芸能が演じられており、懐山のおくないも、それら一連のものの一つである。
毎年一月三日
懐山の泰蔵院(天竜市懐山)で演じられている
015 蛭ヶ谷の田遊び(民俗芸能)
016 遠江のシシウチ行事(風俗慣習)
我が国には、古くから全国各地で年の始めなどに田畑の作物に害を与える鳥獣の類を追い払ったり豊猟を願ったりする予祝儀礼が行われてきた。
◎川名地区に伝承されてきた行事このは、六所神社(浜松市引佐町川名)の境内で一月四日に実施される。
◎滝沢地区に伝承されてきたこの行事は四所神社(浜松市滝沢)の境内で一月一日に実施される
017 東海地方の大凧揚げ習俗(風俗慣習)
五月の端午の節供に子供の初誕生を祝って大きな凧を揚げる習俗が、わが国の各地に見られる。この習俗は子供の成長祈願を主とするものであるが、同時にいわゆる凧合戦と呼ばれる競技の要素を伴うことでも知られている。
静岡県の浜松市域を中心とする地域では、現在も五月の節供をタコイワイなどと呼び、長男の誕生を祝って町内の若い衆や母親の実家・親戚などが、大凧を贈って揚げる習俗が残っており、このなかでも浜松の凧合戦はよく知られている。
018 遠江の御船行事(風俗慣習) 静岡県
019 法多山の田遊び(民俗芸能)
法多山の田遊びは、羯鼓打ちが登場するという独特の田植の次第をもっており、全体的に狂言風、千秋万歳風に仕立てられており、さらに農耕作業過程の模倣が七段構成に取りまとめられているなど、田遊びの変遷の過程を知るうえで貴重なものであり、また地域的特色にも富んでいる。
毎年一月七日、真言宗の名刹法多山尊永寺の本堂横の大師堂にて、山下の村方衆によって執り行われる。
袋井市豊沢
020 稲取のハンマアサマ(風俗慣習)
浜万年青の葉で人形や烏賊、秋刀魚などの姿を切り抜いたものを作り、これを海に流す行事である。稲取では浜万年青をハンマアサマといい、行事の名称が同時に行事に使う材料の名前にもなっている。
毎年9月8・9日
伊豆半島の東海岸に位置する静岡県賀茂郡東伊豆町稲取に伝承される行事
021 小稲の虎舞(民俗芸能)
「三番虎」では、後半になると中学生が扮した和藤内が階段下から御幣を持って登場し、虎と激しく争う。御幣で虎の頭を押さえ込んだ後、生け捕った虎の鬣状の毛を曳いて階段を降りて終了する。また、数年に一度、豊漁などの村の祝い事等があると、龍が登場する場合もある。このとき和藤内が虎に敗れ、退散したのち、八人がかりで操る龍が登場し、虎と争う様子を演じ、敗れた虎は来宮神社へ逃げて終了する。
旧暦八月十三日、十四日の両日、来宮神社の祭礼に行われる
十三日の宵宮、十四日の本祭の夜、それぞれ「一番虎」「二番虎」「三番虎」と三回虎舞が舞われる。最後の「三番虎」に和藤内が登場して虎を捕らえて退場する。このほか、十四日の本祭では昼過ぎに、祭り開始の寄り合いの「虎の御神酒」が集会場で開かれ、そこで一回虎舞を舞い、その後来宮神社境内で二回虎舞を舞う。十五日は後かたづけの後の祭り終了の寄り合いである「芝返【しばがえ】し」でも一回舞うほか、新築の家がある場合は、「悪魔払い」と称してその家で虎舞が舞われる。
022 東伊豆地方の鹿島踊(民俗芸能)
鹿島踊は、二十数人から十数人の集団で踊られるもので、初めは輪で、後に縦に三列、五列などに並んで方形になって踊る。この形を基本として多くは複数回繰り返して踊られるものである。
静岡県では主に東伊豆地方の熱海市、伊東市、東伊豆町で行われている。多くは夏から秋にかけて各地域の神社祭礼の折に神社境内などで踊られる。
023
小國神社の田遊び(民俗芸能) 小国神社(静岡県周智郡森町一宮)の境内
県指定無形民俗文化財  45件
001 獅子舞かんからまち 動画
002 三社祭礼囃子 動画
003 島田鹿島踊 動画
004 呉松の大念仏 動画
005 滝沢の放歌踊 動画
006 法多山の田遊祭 動画
007 小国神社の田遊び 動画
008 来宮神社鹿島踊 動画
009 清沢の神楽 動画
010 沼田の湯立神楽 動画
011 高根白山神社古代神楽 動画
012 人形三番叟 動画
013 掛塚祭屋台囃子 動画
014 妻良のぼんおどり 動画
015 三島大社のお田打 動画
016 仁科の人形三番叟 動画
017 梅津神楽 動画
018 滝沢八坂神社の田遊 動画
019 横尾歌舞伎 動画
020 川合花の舞 動画
021 猿舞 動画
022 焼津神社獅子木遣り 動画
023
平野の盆踊 動画
024 戸田の漁師踊・漁師唄 動画
025 日向の七草祭 動画
026 静岡浅間神社廿日会祭の稚児舞 動画
027 蛭ケ谷の田遊び 動画
028 大東町八坂神社の祇園囃子と祭礼行事 動画
029 田代神楽 動画
030 大鍋子守神社の神楽 動画
031 一幡神社の御榊神事 動画
032 桜ケ池のお櫃納め 動画
033 三熊野神社の地固め舞と田遊び 動画
034 三島囃子 動画
035 新井の大祭り諸行事 動画
036 富士宮囃子 動画
037 島田帯祭の大名行列 動画
038 徳山神楽 動画
039 西浦の念仏踊 動画
040 小稲の虎舞(竜虎の舞) 動画
041 由比のお太鼓祭 動画
042 江浦の水祝儀 動画
043 飯津佐和乃神社の御船行事 動画
044 草薙神社龍勢花火 動画
045 朝比奈大龍勢 動画
県選択無形民俗文化財  7件
001 草薙神社の竜勢花火 動画
002 新舟六所神社の竜勢花火 動画
003 草木の霜月神楽 動画
004 水窪町の念仏踊 動画
005 佐久間町の花の舞 動画
006 大井川下流域の大名行列・奴道中 動画
007 女河八幡宮の祭礼 動画
市町村指定無形民俗文化財  97件
001 件数のみ判明、詳細は調査中 動画
002 動画
003 動画
004 動画
005 動画
006 動画
007 動画
008 動画
009 動画
010 動画
011 動画
012 動画
013 動画
014 動画
015 動画
016 動画
017 動画
018 動画
019 動画
020 動画
021 動画
022 動画
023
動画
024 動画
025 動画
026 動画
027 動画
028 動画
029 動画
030 動画
031 動画
032 動画
033 動画
034 動画
035 動画
036 動画
037 動画
038 動画
039 動画
040 動画
041 動画
042 動画
043 動画
044 動画
045 動画
046 動画
047 動画
048 動画
049 動画
050 動画
051 動画
052 動画
053 動画
054 動画
055 動画
056 動画
057 動画
058 動画
059 動画
060 動画
061 動画
062 動画
063 動画
064 動画
065 動画
066 動画
067 動画
068 動画
069 動画
070 動画
071 動画
072 動画
073 動画
074 動画
075 動画
076 動画
077 動画
078 動画
079 動画
080 動画
081 動画
082 動画
083 動画
084 動画
085 動画
086 動画
087 動画
088 動画
089 動画
090 動画
091 動画
092 動画
093 動画
094 動画
095 動画
無断転載を禁じます