沖縄県の指定・選択無形民俗文化財総数(指定・選択の重複あり) 調査中
国指定重要無形民俗文化財  9件 (資料更新日 2009年3月13日)
001 宮古島のパーントゥ(風俗慣習)
仮面をつけ、草をまとった異形の神が村落内を巡り歩いて災厄払いをするもので、宮古島の平良市島尻と上野村野原に伝承されている。パーントゥとは、本来、お化け、鬼神を意味した言葉である。島尻ではこの行事のことをパーントゥ・プナカという。プナカは祈願祭のことであり、パーントゥ神が出現する祭りの意味である。
旧暦9月上旬
沖縄県宮古島字島尻
旧暦12月最後の丑の日
沖縄県宮古島市野原
002 安田のシヌグ(民俗芸能)
シヌグは沖繩本島の北部とその周辺離島一帯に伝承されている祭りで、祓いや山の神・海の神信仰に沖繩らしさを見せ、そこで演じられる舞踊の手に沖繩舞踊の原形がみとめられるなど芸能史的評価が高い。
沖縄県国頭郡国頭村字安田
003 多良間の豊年祭(民俗芸能)
いろいろな芸能が終日にわたって展開されるが、獅子舞、棒踊、二才踊、シニツキ踊、ユリツキ踊などの民俗芸能から、明治になって沖縄から入ってきた組踊や古典舞踊までが踊られる。多良間島の芸能を知るためには欠くことのできない要素をもち、沖縄の豊年祭を代表する一つである。
旧暦8月吉日を期して三日間
初日が字仲筋、二日目が字塩川、三日目には両者が参加する。
沖縄県宮古郡多良間村
004 竹富島の種子取(民俗芸能)
沖繩では稲や粟の播種の行事を種子取りという。この種の行事はかつて各地にあったが、現在その形をよく残しているのは、この竹富島のものである。
沖縄県八重山郡竹富町字竹富
005 西表島の節祭(民俗芸能)
本土の正月とは異なる時期に、正月と似たような次第を執り行う我が国南島の行事の特徴をよく示すものとして高く評価されており、各地伝承のなかで芸能の次第を最も豊富に持ち伝えているものである。また「節アンガー」踊りの中の「五尺手拭」の曲は江戸時代本土で大流行した曲であるなど、芸能の変遷の過程を知るうえで貴重。
沖縄県八重山郡竹富町字西表祖内
沖縄県八重山郡竹富町字西表星立
006 伊江島の村踊り(民俗芸能)
伊江島の村踊は、伊江島の各地区の人びとが伝承する伝統的な歌や踊り、さらに組踊であり、そのなかには「ヤマト言葉」による歌や、それに合わせての踊り、また『仮名手本忠臣蔵』を組踊に仕組んだものなどがある。伊江島は、沖縄県北西部の本部半島から海上を北西に約11キロメートル先にある。
毎年11月中旬
伊江村産業まつりに合わせて定期的に公開する
沖縄県国頭郡伊江村
007 塩屋湾のウンガミ(風俗慣習)
一年交代でウグァンマール(御願年)とウドイマール(踊り年)とを行う。ウドイマールには、塩屋ではウンガミの翌日塩屋小学校前のアサギマーでウドイ(踊り)を行い、屋古と田港では、サーサーといって、ハミンチュと村人たちが集まって、アサギマーなどでミキを飲んで踊ったりする。
旧盆明けの初亥の日を中心とした三日間
沖縄県国頭郡大宜味村字田港、屋古、塩屋、白浜
008 与那国島の祭事の芸能(民俗芸能)
与那国島は我が国最西端の地であり、かつて南方文化、中国文化の影響を受けるとともに、西下した琉球王朝時代の文化をも受け止めて八重山諸島の中でも特異な文化を継承してきている。島内には十二の御嶽があり、季節の折り目にはそれぞれの祭事があって、この祭事の際にはさまざまの歌や踊りが行われている。
沖縄県八重山郡与那国町
009
小浜島の盆、結願祭、種子取祭の芸能
(民俗芸能)
沖縄県八重山郡竹富町
 国選択無形民俗文化財 18件 (資料更新日 2009年3月13日)
001 勢理客の獅子舞(民俗芸能)
沖縄本島の獅子舞を代表する芸能である。沖縄の獅子舞は、古く中国大陸から直接伝来したもののようで、獅子頭は梯梧の材で彫刻し、胴部は棕梠縄に芭蕉や苧麻の繊維をまぜたもので縫いぐるみに仕立てる。沖縄本島では一般に毬遊び、棟喰い、シラミかき、寝返りなどの曲技、ものまねの演技を細かく演じる形が普及している。
旧暦8月15日・17日の豊年祭
沖縄県浦添市勢理客に伝承
002 竹富島の種子取(民俗芸能)
沖繩では稲や粟の播種の行事を種子取りという。この種の行事はかつて各地にあったが、現在その形をよく残しているのは、この竹富島のものである。
沖縄県八重山郡竹富町字竹富
003 多良問島の八月踊(民俗芸能) 沖縄県宮古郡多良間村
004 伊江島の村踊り(民俗芸能)
伊江島の村踊は、伊江島の各地区の人びとが伝承する伝統的な歌や踊り、さらに組踊であり、そのなかには「ヤマト言葉」による歌や、それに合わせての踊り、また『仮名手本忠臣蔵』を組踊に仕組んだものなどがある。伊江島は、沖縄県北西部の本部半島から海上を北西に約11キロメートル先にある。
毎年11月中旬
伊江村産業まつりに合わせて定期的に公開する
沖縄県国頭郡伊江村
005 西表島祖納・星立の節祭(民俗芸能) 沖縄県八重山郡竹富町字西表
006 那覇安里のフェーヌシマ(民俗芸能)
フェーヌシマは南島と表記されるものであるが、この踊りは棒踊の一種であり、南海の諸島に近い沖繩独得の様相を呈している。赤毛のカツラで頭部を覆い、腰蓑を着けた踊り手のいでたちは南洋スタイルである。
沖縄県那覇市字安里
007 野原のマストリャー(民俗芸能)
豊年感謝と翌年の多幸を祈願する行事及びその折の歌と踊のことである。部落の十一個所のお嶽を巡って部落住民の一年間の健康と豊作への礼を述べ翌年の豊作発展への願いごとをする。若者達は棒踊の準備を整えて祭場に行く。一方婦人の踊り手は直接祭場へ行き、そこで男女が円陣をなして踊り、夜更けまで賑いが続く。
旧暦8月15日
沖縄県宮古郡上野村字野原
008 宮古のパーントゥ(風俗慣習)
この行事は、仮面をつけ、草をまとった異形の神が村落内を巡り歩いて災厄払いをするものである。パーントゥは、海の彼方からやってくる神の一つと考えられており、南西諸島にいくつかの事例を見ることができるが、全国各地に散見する来訪神と同列に据えて眺める必要がある。
旧暦9月上旬の吉日
沖縄県宮古島市島尻
旧暦12月の最後の丑の日
沖縄県宮古島市野原
009 沖縄北部のウンガミ(風俗慣習)
ウンガミは「海神」の意に解されているが、内容的には海の神だけでなく、山の神が登場する一面もあり、海山両神の和合が住民に豊穣をもたらし、繁栄につながると考えられていたようである。こうしたウンガミの諸行事は、地域ごとの祭祀を統括するノロや根神(ニーガン)と呼ばれる女性の神人(カミンチュ)を中心に行われてきた。
毎年旧歴7月の亥の日を中心に数日間
本島では国頭村、大宜味村、名護市、今帰仁村に伝承
離島では古宇利島、伊是名島、伊平屋島に伝承
010 石垣島四ヶ村のプーリィ(豊年祭)
(風俗慣習)
四ケ村のプーリィは、御嶽と村の繋がりが現在も生きており、また豊年行事の古い形が残っていることやそこに繰り広げられる諸芸能など、沖縄を代表する一つといえる。
旧暦6月の収穫儀礼を伴う豊年の大祭
沖縄県石垣市
011 波照間島のムシャーマ(民俗芸能)
五穀豊穣を祝い翌年の豊作を祈る要素がみられ、沖縄各地域の豊年祭と通じるが、ムシャーマはなかに念仏踊を含み、また7月7日から始まる準備や16日の後かたづけまでを含めた全体の行事は、祖霊をまつる盆行事のなかに組み込まれているなど、芸能の変遷の過程、さらに地域的特色を示す重要なものである
旧盆
八重山郡竹富町字波照間
012 沖縄の綱引き(風俗慣習)
沖縄の綱引きは、ほとんどが集落単位で行われ、現行のところでも100か所以上あるといわれている。綱の素材は、ほとんどが稲藁であるが、稲作のない宮古島のように山の蔓草で作る例もある。形態的には、一本綱はほとんどみられず、頭部に輪を設けた雄綱および雌綱を別個に作り、輪を結合して貫棒を差し込んで引き合う。
6月15日前後
「ウマチー綱」(稲粟の収穫祭)
6月25日前後
「年浴綱」(苗代始め、雨の祈願祭)
七月
「盆綱」
8月10日〜15日前後
「十五夜綱」
これらに加えて、旱魃時の「雨乞い綱」が臨時に催されることもある
013 久高島の漁撈習俗(風俗慣習)
島では今でも素潜りの突き漁、エラブウナギの手掴み漁(この方は女性も)などの特徴的な漁撈をみることができる。また、キスクが太陽の光を受け、銀色の大群をなして島の岸辺へ寄るのを、昔の人びとは神からの贈り物と考えた。これを「寄り物」といい、海辺の村では人びとに分配したものだが、漁撈に参加しない者への分配の習俗が、今も久高島には残っている。
の大漁祈願祭「ヒータチ」
3月3日の「三月節供」
3月、海神に漁撈の許しを乞う「ピシクミ」(干瀬踏み)、13歳・15歳の男子の漁業訓練をする「三月綱」
7月の「七月綱」
5、6月の大潮時に海上の楽土からの贈り物といわれるキスク(アイゴの稚魚)を獲る「キスクマーイ」
11月13日の集団漁撈の後仮設の七つ宿に集まって会食する「アミドゥシ」(綱同士)などがある
014 小浜島の芸能(民俗芸能)
結願祭や盆に沖縄地方特有の味わいをもった諸種の民俗芸能が伝えられている。最も芸能が豊富に行われるのは、一年間の願を解き、また翌年の豊饒を祈願する結願祭の時である。
結願祭の時
旧暦7月の盆の時

沖縄県八重山郡竹富町
015 宮古のクイチャー(民俗芸能)
伴奏に三線を用いるところがあるが、本来、クイチャーは楽器を伴うものではないといわれてきた。歌は、豊穣を祈る歌、雨乞いの歌、恋人への思いを込めた歌、生活や労働の喜び、苦しみなどを歌った歌など多様であり、人びとの生活や信仰に深く根ざしている。
沖縄県宮古諸島各地に伝承
016 操り獅子(民俗芸能)
豊年祭の奉納踊りの最終演目として操られている。獅子は、竹ひごと縄で骨格を作り、竹ひごと縄に糸芭蕉を結び付けて胴体とする。操るためには多少の重みが必要となるため、やはり竹ひごと糸芭蕉で作った四本の足先に、硬貨を数枚結び付け、同時に音の効果も得る。頭は重量の軽いデイゴの木を用いることが多い。いずれにしても手作りであり、その時々で入手可能な材料を組み合わせて作り上げる。 
不定期
沖縄県名護市川上
5年目ごとの旧暦8月9日・11日・15日
沖縄県国頭郡本部町伊豆味
5年目ごとの旧暦8月15日
沖縄県国頭郡今帰仁村謝名
017 宜野座の八月あしび(民俗芸能)
バンクでの芸能は、最初に舞い方と獅子で場を清め、弥勒の踊りでユガフ(世果報)を招き、その後、組踊や舞踊が次々と演じられ、最後に再び獅子舞となる。宜野座では獅子を踊り神として崇めており、遊びの場に迎え、また送る。
隔年の旧暦8月15日
沖縄県国頭郡宜野座村字宜野座
018 泡瀬の京太郎(民俗芸能)
京太郎は、かつて家々を回りながら、祝福芸や念仏、人形芝居などを演じた人びと、また、その芸能のことである。
各種行事の折などに演じられている
沖縄県沖縄市泡瀬
 県指定無形民俗文化財  6件
001 泡瀬の京太郎 沖縄市泡瀬
002 宜野座の京太郎 宜野座村
003 伊集の打花鼓 中城村
004 屋部の八月踊り 名護市
005 湧川の路次楽 今帰仁村
006 謝名のアヤーチ(操り)獅子 今帰仁村
県選択無形民俗文化財  3件
001 首里王府の路次楽
002 津堅島の唐踊
003 池間島のミャークヅツ
市指定無形民俗文化財  27件
001 源河の長者の大主 名護市
002 安和のウシデーク 名護市
003 幸喜の柳 名護市
004 天願獅子舞 具志川町
005 田場ティンベー 具志川町
006 普天間の獅子舞 宜野湾市
007 大謝名の獅子舞 宜野湾市
008 我如古スンサーミー 宜野湾市
009 勢理客の獅子舞 浦添市
010 仲西の獅子舞 浦添市
011 内間の獅子舞 浦添市
012 前田の棒 浦添市
013 内間の棒 浦添市
014 首里汀良町の獅子舞い 那覇市
015 首里末吉町の獅子舞い 那覇市
016 泊地バーリー 那覇市
017 字安里の 那覇市
018 字安次嶺の村踊り 那覇市
019 字国場のウズンビーラ 那覇市
020 首里のクェーナ 那覇市
021 首里王府の路次楽 那覇市
022 字大嶺の獅子舞い 那覇市
023 字大嶺の地バーリー 那覇市
024 荷川取のクイチャー 平良市
025 松原の獅子舞い(シーシャ) 平良市
026 新川の南ヌ島カンター棒 石垣市
027 登野城の大胴・小胴 石垣市
市選択無形民俗文化財  0件
町指定無形民俗文化財  125件
001 具志堅のシニーグ 本部町
002 備瀬のシニグ 本部町
003 瀬底のウフュミシヌグイ 本部町
004 獅子舞 本部町
005 雑踊 松竹梅 本部町
006 満名棒(3人棒) 本部町
007 女踊長伊平屋節 本部町
008 南ヌ島(フェーヌシマ) 金武町
009 南風原の獅子舞 勝連町
010 平安名のウムイ・クェーナ 勝連町
011 平敷屋エイサー 勝連町
012 屋良のあやぐ 嘉手納町
013 屋良のチンク 嘉手納町
014 千原エイサー 嘉手納町
015 野里棒 嘉手納町
016 野里の道イリク 嘉手納町
017 野国天川 嘉手納町
018 富盛の唐人行列、大和人行列 東風平町
019 世名城の臼太鼓(ウスデーク) 東風平町
020 手登根エイサー 佐敷町
021 ティンベーとカマンティ 佐敷町
022 天人 佐敷町
023 棒術 佐敷町
024 字宮城の舞方棒 南風原町
025 字兼城の舞方棒 南風原町
026 字喜屋武の舞方棒 南風原町
027 字照屋の舞方棒 南風原町
028 字津嘉山の舞方棒 南風原町
029 字神里の舞方棒 南風原町
030 字宮平の舞方棒 南風原町
031 字本部の舞方棒 南風原町
032 字喜屋武の舞方棒 南風原町
033 字宮平の女踊り「綛掛」 南風原町
034 字兼城の二才踊り「揚作田」 南風原町
035 字喜屋武の長者の大王 南風原町
036 字宮城の狂言「銭借人」 南風原町
037 琉球絣と南風原花織 南風原町
038 上区の獅子舞 城辺町   
039 うるかクイチャー 城辺町
040 友利獅子舞 城辺町
041 友利クイチャー 城辺町
042 ヤーマス御願 下地町
043 川満の棒踊り 下地町
044 イラウタオガニ 伊良部町
045 佐良浜ミャークヅ゙ツ 伊良部町
046 ササラ銭太鼓(舞踏・民謡) 竹富町
047 元タラクジ(舞踏・民謡) 竹富町
048 ジッチュ節(舞踏・民謡) 竹富町
049 祝鼓舞(舞踏・民謡) 竹富町
050 鍛冶工主狂言(舞踏・民謡) 竹富町
051 しきた盆(舞踏・民謡) 竹富町
052 安里屋節(舞踏・民謡) 竹富町
053 真栄節(舞踏・民謡) 竹富町
054 タニマイ(舞踏・民謡) 竹富町
055 仲筋ぬヌベマ節(舞踏・民謡) 竹富町
056 ザングルロ(舞踏・民謡) 竹富町
057 タラクジ(舞踏・民謡) 竹富町
058 シドゥリャニイ(舞踏・民謡) 竹富町
059 天使(舞踏・民謡) 竹富町
060 マミドーマ(舞踏・民謡) 竹富町
061 ハビラ踊(舞踏・民謡) 竹富町
062 カシカケ踊(舞踏・民謡) 竹富町
063 天加那志(布サラシ)(舞踏・民謡) 竹富町
064 小浜節(舞踏・民謡) 竹富町
065 苧引き踊(舞踏・民謡) 竹富町
066 アカマタ節(舞踏・民謡) 竹富町
067 ダートゥダー(舞踏・民謡) 竹富町
068 稲まぢん節(舞踏・民謡) 竹富町
069 黒島口説(民謡の部) 竹富町
070 ペンガン取レ(民謡の部) 竹富町
071 マインガニスーザー(民謡の部) 竹富町
072 真南風乙節(民謡の部) 竹富町
073 山崎節(民謡の部) 竹富町
074 チンダラ節(民謡の部) 竹富町
075 イトハリ節(民謡の部) 竹富町
076 黒島口説(舞踊・狂言の部) 竹富町
077 ペンガン取レ(舞踊・狂言の部) 竹富町
078 マインガニスーザー(舞踊・狂言の部) 竹富町
079 真南風乙節(舞踊・狂言の部) 竹富町
080 山崎ヌアブゼーマ(舞踊・狂言の部) 竹富町
081 チンダラ節(舞踊・狂言の部) 竹富町
082 獅子の棒(舞踊・狂言の部) 竹富町
083 タイラク(舞踊・狂言の部) 竹富町
084 棒術(舞踊・狂言の部) 竹富町
085 笠踊(舞踊・狂言の部) 竹富町
086 鎌踊(舞踊・狂言の部) 竹富町
087 ハデク舞踊(舞踊・狂言の部) 竹富町
088 波照間島節(民謡・舞踊の部) 竹富町
089 夜雨節(民謡・舞踊の部) 竹富町
090 祖平花節(民謡・舞踊の部) 竹富町
091 波照間口説(民謡・舞踊の部) 竹富町
092 世果報節(民謡・舞踊の部) 竹富町
093 太鼓(テーク)(舞踊・狂言の部) 竹富町
094 波照間島節(舞踊・狂言の部) 竹富町
095 夜雨節(舞踊・狂言の部) 竹富町
096 祖平花節(舞踊・狂言の部) 竹富町
097 越の頂節(民謡の部) 竹富町
098 サーサー節(民謡の部) 竹富町
099 パナリヤーマーぬ前の海(民謡の部) 竹富町
100 越城節(民謡の部) 竹富町
101 越の頂節(舞踊・狂言の部) 竹富町
102 サーサー節(舞踊・狂言の部) 竹富町
103 パナリヤーマーぬ前の海(舞踊・狂言の部) 竹富町
104 クイヌウベ狂言(舞踊・狂言の部) 竹富町
105 節祭の巻踊り(舞踊・狂言の部) 竹富町
106 古見の浦節(民謡の部) 竹富町
107 田耕(舞踊・狂言の部) 竹富町
108 古見の浦節(舞踊・狂言の部) 竹富町
109 亀組(舞踊・狂言の部) 竹富町
110 祖納岳節(民謡の部) 竹富町
111 仲良田節(民謡の部) 竹富町
112 下原節(民謡の部) 竹富町
113 真山節(民謡の部) 竹富町
114 ヤフヌ手(舞踊・狂言の部) 竹富町
115 シチヌアンガマ(組踊・狂言の部) 竹富町
116 馬狂言(舞踊・狂言の部) 竹富町
117 牛狂言(舞踊・狂言の部) 竹富町
118 ヤフヌ手(舞踊・狂言の部) 竹富町
119 オホホ(舞踊・狂言の部) 竹富町
120 鳩間中森(民謡の部) 竹富町
121 千鳥節(民謡の部) 竹富町
122 殿様節(民謡の部) 竹富町
123 石ヌ屏風節(民謡の部) 竹富町
124 上原ヌデンサ節(民謡の部) 竹富町
125 与那国のマヤー子節 与那国町
町選択無形民俗文化財  0件
村指定無形民俗文化財  25件
001 字宜野座の十五夜アシビ 宜野座村
002 字惣慶のミジタヤー 宜野座村
003 南島(フェーヌシマ) 北中城村
004 棒術 北中城村
005 獅子舞い 北中城村
006 赤木名節 北中城村
007 津覇の獅子舞 中城村
008 玻名城の獅子舞 具志頭村
009 安里のウフデーク 具志頭村
010 新城のシーヤーマー 具志頭村
011 親田御願 玉城村
012 寄鍬 玉城村
013 アヤグ 玉城村
014 稲摺節 玉城村
015 長者大主 玉城村百名
016 長者大主 玉城村前川
017 獅子舞 玉城村
018 醜童 玉城村
019 当間の獅子舞 大里村
020 古堅のミーミンメ 大里村
021 字勢理客のティルクグチ 伊是名村
022 野原のマストリャー 上野村
023 新里の豊年祭 上野村
024 宮国の大綱引き 上野村
025 スツウプナカ 多良間村
村選択無形民俗文化財 0件
無断転載を禁じます