山形県の指定・選択無形民俗文化財総数(指定・選択の重複あり)調査中
国指定重要無形民俗文化財  4件 (資料更新日 2009年1月25日)
001 黒川能(民俗芸能)
上座、下座に分かれ、それぞれの頭屋および神社の拝殿で演じられる。頭屋では、大地踏、式三番、能、狂言を徹宵して舞い、続いて神社では、上、下両座の交替で、頭屋で演じた曲を再演する。
東田川郡櫛引町黒川の春日神社の二月一日、二日の王祇祭に演じられる
002 杉沢比山(民俗芸能)
大太鼓・笛・銅拍子を囃子に、謡につれて舞う。演目には「番楽」「みかぐら」「翁」「三番叟」「景政」「蕨折」など十四番がある。その芸態には能楽大成前のいろいろな芸能の要素を含んでおり、芸能史上きわめて注目すべきものの一つである。
杉沢に鎮座する熊野神社の祭礼を中心として演じられる
003 林家舞楽(民俗芸能)
舞楽は、古く遣唐使の廃止頃までに、わが国に朝鮮半島の諸国や中国から渡来し、現在の京都、奈良、大阪に楽所が置かれて伝承されてきた。谷地八幡宮の舞楽については、ここに所蔵される「舞楽由緒」によると、「貞観二年(八六〇)僧円仁に従って羽州に来た四天王寺楽人林越前が山寺の根本中堂で舞楽を舞った」とあり、この林越前が後の林家舞楽の祖であると伝えている。
谷地八幡宮の秋の例祭(九月十四日・同十五日)、寒河江市の慈恩寺の春の法会(五月五日)等に舞われる。
004 遊佐の小正月行事(風俗慣習)
遊佐のアマハゲは男鹿のナマハゲ系の行事であるが、包丁などは持たず、新年の祝福と豊作を約束し、護符の餅をやりとりするなどの特色を有するとともに、滝ノ浦のように無言で独特の所作を行うなどの地域的な特色を有している
1月1日(滝ノ浦),1月3日(女鹿),1月6日(鳥崎)
国選択無形民俗文化財  17件 (資料更新日 2009年1月25日)
001 黒川能(民俗芸能)
上座、下座に分かれ、それぞれの頭屋および神社の拝殿で演じられる。頭屋では、大地踏、式三番、能、狂言を徹宵して舞い、続いて神社では、上、下両座の交替で、頭屋で演じた曲を再演する。
東田川郡櫛引町黒川の春日神社の二月一日、二日の王祇祭に演じられる
002 杉沢比山(民俗芸能)
大太鼓・笛・銅拍子を囃子に、謡につれて舞う。演目には「番楽」「みかぐら」「翁」「三番叟」「景政」「蕨折」など十四番がある。その芸態には能楽大成前のいろいろな芸能の要素を含んでおり、芸能史上きわめて注目すべきものの一つである。
杉沢に鎮座する熊野神社の祭礼を中心として演じられる
003 谷地の舞楽(民俗芸能)
林家舞楽とも呼ばれるように、谷地八幡宮の神職林家において一子相伝されてきたものであり、天王寺系の舞楽が地方民間化されたものとして芸能史的に貴重である。
谷地八幡宮・慈恩寺などにおいて行なわれる(五月八日、九月十四日、十五日)
004 高寺八講(民俗芸能)
この地はもと羽黒山修験の支配下にあり、かっては高寺山大権現のもとに高寺十三坊があって、この寺の法会の後に演じられた延年がいまに伝承されているとみられている。
山形県東田川郡羽黒町大字高寺の雷電神社に伝えられる一連の舞で、例祭(五月八日)の時に社前に設けられた舞台で演じられる。
005 萩野・仁田山の鹿子踊り(民俗芸能)
一人立ちの鹿子七匹による踊で、いずれも頭から爪先まで垂れた長幕をかぶり、股引にわらじをはく。振りの美しい鹿子踊で、この地方に多い鹿子踊の中でも特色のあるものである。
新庄祭の三日目にあたる八月二十六日、戸沢神社に奉納される。このほか不定期に演じられることもある。
006 村山地方のオナカマ習俗(風俗慣習)
村山地方の口寄せ・加持祈祷・卜占を業とするオナカマは、現在衰滅にひんしているが、東北地方の民間信仰を伝える貴重なものとして、その入巫・成巫の過程、巫業や唱え言などの習俗と多様な用具を調査保存する。
8月18日岩谷十八夜観音堂
007 新山の延年(民俗芸能)
延年は平安時代の末から鎌倉、室町時代にかけて行なわれた寺院芸能で、寺院での法要の後に催された諸芸能競演の形を言い、芸能の種類としては舞楽、田楽、猿楽等があった。現在これはわずかに地方の寺社のいくつかにそのおもかげを留めるのみとなった。
新山神社
008 遊佐のアマハゲ(風俗慣習)
年の折り目に神が来臨し、村人に祝福を与えるという趣旨の行事は全国的に分布するが、遊佐のものは秋田県境に近い日本海沿岸に立地する女鹿・滝ノ浦・鳥崎に伝えられ、アマハゲと呼ばれている。
1月1日(滝ノ浦),1月3日(女鹿),1月6日(鳥崎)
009 吹浦延年(民俗芸能)
延年は平安時代の末から鎌倉、室町時代にかけて盛大に行われた芸能の一形式であり、その名は「遐命延年」に由来し、芸能によって気分をなごやかにし長寿壽福を得るという意味とされる。
毎年五月八日の吹浦口の宮の例大祭に行われるものであり
010 蕨岡延年(民俗芸能)
、「陵王」「太平楽」「振舞」「童法」などの舞楽の影響を残す演目が、同社境内の舞殿で演じられる。
毎年五月三日の大物忌神社蕨岡口の宮の例大祭に行われる
011 安久津延年(民俗芸能)
「振鉾式(燕舞式)」、「三躰舞(三代舞)」、「拝舞」、「眺望舞(眺望楽)」など大人や稚児による舞楽が、同社の参道にある宝形造茅葺の舞殿で演じられる。
毎年九月十五日の安久津八幡神社の例大祭に行われている
012 浜中のケヤキキョウダイ(契約姉妹)
(風俗慣習)
この習俗は、満12歳と13歳の少女らが、十二月二十日過ぎの吉日を選んで籤を引き、キョウダイ契りを結ぶ相手を決める。このキョウダイ契りが、女の一生すなわち娘・嫁・主婦・老後の各時代を通じて続くものであり、村のなかでの同年齢的集団の基盤となり、かつての農村社会を支えてきたとされる。
鶴岡市大字大岩川字浜中.
近年は二十八日に行うことが多い。籤を引く場所は、産土神社の境内の場合もあるが、公民館の場合もある。
013 黒森歌舞伎(民俗芸能)
伝承演目は、義太夫狂言を主として五〇種ほどあるが、演出や芸態面で中央の歌舞伎とは異なった面もみられ、地元独自に長く伝承されたことをうかがわせる。その年の上演演目は前年三月の「太夫振舞」と呼ばれるくじ引きの神事により決定されるなど、本番に向けて一年を通じてさまざまな儀式があり、歌舞伎が農村で祭礼と結びついて定着した過程をよく示している。
毎年二月十五日・十七日の地区の日枝神社の祭礼のとき、境内にある常設舞台で奉納されている。
014 山寺夜行念仏の習俗(風俗慣習)
山寺夜行念仏の習俗は、古くは各地で盛んに行われていた夜念仏、六斎夜念仏の系譜に連なる行事である。盆の時期に行われる死者供養の行事であると考えられている。
山寺夜行念仏は、八月六日の夜から七日の朝にかけて、山形市の立石寺で行われる。
015 庄内のモリ供養の習俗(風俗慣習)
有縁・無縁の死者を供養する習俗であり、庄内地方に色濃く分布しているものである。死者の霊が集うとされる霊山は各地にあるが、モリ供養は、里に近い山や森で行われる死者供養の習俗の典型例の一つと考えられ、わが国の民間信仰や人生儀礼を理解する上で貴重である。
清水のモリ供養は、八月二十二日と二十三日の両日、山麓にある上清水・中清水・下清水の三地区が中心となって行われる。
立川町の三ヶ沢の森は、曹洞宗光星寺の裏手にあり、八月二十一日から二十三日にかけてモリ供養が行われる。
県指定無形民俗文化財  18件
001 山戸能
002 高寺八講
003 萩野仁田山鹿子踊
004 黒森歌舞伎
005 平塩舞楽 四月三日 うるう年、四年に一度の太平楽(武士が鎧を纏い円舞する)が舞われた。
006 日和田弥重郎花笠田植踊
007 新山延年
008 小松豊年獅子踊
009 松山能 8月20日神明神社
010 山五十川歌舞伎 5月3日温海町
011 伊佐沢念仏踊 4月29日長井市伊佐沢
012 高原植木踊
013 角田流獅子踊(大谷・八ツ沼) 西村山郡朝日町
014 梓山獅子踊
015 吹浦田楽舞 毎年5月4日〜5月5日遊佐町
016 蕨岡延年
017 稲沢番楽
018 安久津延年
市指定無形民俗文化財  45件
001 鹿楽招旭踊 山形市
002 松尾バヤシ 山形市
003 松尾願人踊 山形市
004 山家田植踊 山形市
005 成沢田植踊 山形市
006 いたか町神楽 山形市
007 豊烈神社の打毬 山形市
008 山寺夜行念仏の習俗 山形市
009 金生田植踊 上山市
010 上山藩鼓笛楽 上山市
011 高松観音御年越餅搗行事 上山市
012 手津手人形芝居 天童市
013 高擶夜業念佛 天童市  
014 幸生田植踊 寒河江市
015 金谷田植踊 寒河江市
016 旭-流内楯獅子踊 寒河江市
017 谷沢田植踊 寒河江市
018 中郷田植踊 寒河江市
019 寒河江八幡宮流鏑馬 寒河江市
020 清助新田大黒舞 寒河江市  
021 稲下鹿子踊 村山
022 大槇松念寺の回向念仏 村山市  
023 若宮八幡太太神楽 東根市
024 小田島田植踊 東根市
025 黒伏山神社 沢渡獅子舞 東根市
026 関山囃子 東根市
027 長瀞猪子踊 東根市
028 藤助新田 菖蒲叩き行事 東根市
029 東根七夕まつり行事 東根市  
030 尾花沢雅楽 尾花沢市
031 尾花沢祭りばやし 尾花沢市  
032 鳥越神楽 新庄市
033 新庄まつり行事 新庄市 
034 獅子冠並梵天 ばよい 南陽市
035 舞楽および稚児舞 南陽市
036 念仏踊 南陽市 
037 平山獅子踊 長井市
038 五十川獅子踊 長井市
039 勧進代獅子踊 長井市
040 川井獅子踊 長井市
041 総宮神社の獅子舞 長井市
042 小出の獅子舞 長井市
043 安丹神楽 鶴岡市
044 本楯神代神楽 酒田市
045 亀ケ崎獅子舞 酒田市 
市選択無形民俗文化財  0件
町指定無形民俗文化財  43件
001 山辺人形浄瑠璃芝居 山辺町 
002 達磨寺の田植踊 中山町
003 小潮御福田田植踊 中山町
004 土橋獅子踊 中山町
005 沢畑風祭太鼓 河北町
006 稲沢番楽 金山町
007 堀内田植踊 舟形町
008 堀内盆踊り 舟形町
009 平枝番楽 真室川町
010 釜渕番楽 真室川町
011 八敷代番楽 真室川町
012 安久津延年 高畠
013 舟渡の獅子踊 小国町
014 五味沢の獅子踊 小国町
015 古田歌舞伎 小国町
016 高玉芝居 白鷹町
017 浅立諏訪神社の獅子舞 白鷹町
018 鮎貝八幡宮の七五三獅子舞 白鷹町
019 高峰 念仏踊り 飯豊町
020 小白川念仏踊り 飯豊町
021 中獅子踊り 飯豊町
022 椿念仏踊り 飯豊町
023 諏訪神社 神興渡御行列 飯豊町
024 四ケ村獅子踊り 余目
025 茗荷瀬神楽 余目
026 両所神社御獅子舞 藤島町
027 古郡神楽 藤島町
028 木野俣獅子舞 温海町
029 小国八幡宮弓射神楽 温海町
030 ケヤキキョウダイ 温海町
031 関川のしな織り 温海町
032 女鹿日山 遊佐町
033 樽川神代神楽 遊佐町
034 内ノ目おかめ神楽 遊佐町
035 青沢獅子踊り 八幡町
036 福山神楽 八幡町
037 中北目神楽 松山町
038 中山神社祭典武者行列 松山町
039 飛烏湯立神楽 平田町
040 坂本獅子舞 平田町
041 鹿島獅子踊り 平田町
042 桜林獅子踊り 平田町
043 楢橋神代神楽 平田町
町選択無形民俗文化財  0件
村指定無形民俗文化財  3件
001
鮭川歌舞伎 鮭川村
002 段の下田植え踊り 鮭川村
003 田植踊 朝日村
村選択無形民俗文化財  0件
〒216-0003 神奈川県川崎市宮前区有馬 6-8-14  第1すみれハイツ201  TEL&FAX 044-853-3839
無断掲載を禁じます
トップページ 文化財の区分等 会員申し込み 活動風景 掲示板 放送局投稿映像 ビデオクラブ メールする
北海道01 青森県02 岩手県03 宮城県04 秋田県05 山形県06 福島県07 茨城県08
栃木県09 群馬県10 埼玉県11 千葉県12 東京都13 神奈川県14 新潟県15 富山県16
石川県17 福井県18 山梨県19 長野県20 岐阜県21 静岡県22 愛知県23 三重県24
滋賀県25 京都府26 大阪府27 兵庫県28 奈良県29 和歌山県30 鳥取県31 島根県32
岡山県33 広島県34 山口県35 徳島県36 香川県37 愛媛県38 高知県39 福岡県40
佐賀県41 長崎県42 熊本県43 大分県44 宮崎県45 鹿児島県46 沖縄県47 外国の文化財
<お調べになりたい都道府県名をクリックして下さい>